日記・コラム・つぶやき

独 NASAでアルバイト

日テレ系列のめんたいワイドの取材を、小生のゼミの先生が受けています。
が、カッコ良すぎる!
どれだけカットされるかわかりませんが、正論を述べてはります。

内容は道路特定財源についてですが、受益者負担の原則にのっとり、
無駄を省き、使用されなければならないと、おっしゃっています。
変なカットされないように書いときます^^

来週の月曜日に放送されるようです。

寝ているだけで170万円の報酬:NASAが実験参加者を募集
ストレスに満ちた過酷な毎日の生活で、立ったり歩いたりの仕事から解放されて休みたいと思ったことはないだろうか?
それなら、今すぐ荷造りをして、ヒューストンに行くといい。米航空宇宙局(NASA)が、90日間連続でベッドに寝ているだけで1万7000ドルを支払ってくれるそうだ。
ジョンソン宇宙センターの『Human Test Subject Facility』で行なわれるこのベッドレスト実験は、微重力状態が人体に及ぼす影響を研究するためのものだ。
ベッドレスト研究のウェブサイトには、次のような説明がある。
参加者は、(指定のテストを行なうための限られた時間を除いて、)やや下向きに傾斜した姿勢(頭が下がり、足が上がった姿勢)で、90日間ベッドに寝て過ごす。参加者は毎日、16時間起きていて、8時間寝る(灯りは消す)。
覆いの下で懐中電灯をつけて読書ができるかどうかは、書いていないのでわからない。
冗談はさておき、宇宙に長時間滞在する宇宙飛行士たちは、無重力による深刻な影響を経験してきた。われわれの体は、一定量――具体的に言うと、この地上で現在感じている程度の量――の重力に対応するように進化してきた。重力が無い環境では、足がむくみ、筋肉が衰え、骨密度が減る。宇宙からの帰還後、宇宙飛行士たちの体が地球の重力に再び対応できるようになるまでには何ヵ月もかかることがある。
ここまで読んでもまだあなたの気持ちが変わらないなら、実験参加の申し込みをするといい。参加要件としては、米空軍入隊に必要な身体検査に合格し、さらに血液検査を受けなければならない。これは、2160時間もの間、ただ寝ているだけの退屈感を紛らわすためにドラッグの助けを借りなくてもいい、ということを証明するための検査なのだろう。
実験に参加することが、1ヵ月で5000ドルを稼ぐもっとも楽な方法なのか、あるいは、人間に課すことができる最悪の懲罰なのか、われわれには判断できない。実験中にオンライン・ゲーム『World of Warcraft』で遊べるかどうかが、重要な決め手になるような気もする。(2008年5月8日)YahooNews

90日で170万円ですので、
日当はおよそ19,000円。時給に換算すると・・・およそ790円・・・

実験後の身体の不調を考えた場合・・・

「損」

関連記事

  1. 日記・コラム・つぶやき

    独 盆の釣り

    祖母の初盆でした。面倒見の良さ、激しさは「両方」から受け継いでいる…

  2. 日記・コラム・つぶやき

    独 竹島は日本の領土です。

    小生は韓国と日本が戦争状態にあると思っているわけですが・・・な…

乳酸菌3兆150億個!19年の真実!

原料の原料から拘ったPremium Food

AdSense

Calendar

2017年8月
« 7月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
  • ボット
  • Yahoo!ボット
  • ボット



  1. 日記・コラム・つぶやき

    独 東北地方太平洋沖地震 被災者対象
  2. 日記・コラム・つぶやき

    独 大僧正
  3. 日記・コラム・つぶやき

    独 Xデー!?
  4. 日記・コラム・つぶやき

    独 絵文字作成
  5. 日記・コラム・つぶやき

    独 自業自得
PAGE TOP