日記・コラム・つぶやき

独 正直者が馬鹿を見る?

のりぴーの裁判での受け答えに関して、
あーだ、こーだ言われていますが・・・
たばこをやめるのでさえ困難を極めるにも関わらず、
シャブ、それも5年以上にわたって常用し、
シャブセックスをしてしまった彼女が、やめるなんて・・・無理w

昔、聞いた話で、
血管に入れるのが怖くて、あぶって吸引し、オナニーを始めたところ、
あまりにもの気持ち良さに驚き、
出してしまうとこの快感が続かなくなるのではないかと錯覚し、
触り続けていたそうな・・・
太陽が高く昇った頃、ふと我に気がつくと、
性器から出血し辺りは血だらけだったとか・・・w

母子加算復活 違和感残る予算論議

「受ける側に何が必要かを考えてほしい」
「とにかくうれしいです」。金沢市の佐藤洋子さん(45)=仮名=は、年内の母子加算復活が決まり、安心した表情を見せた。

 毎月、生活保護費など約二十四万円で暮らす。育ち盛りの小中学生の娘三人との四人家族で、五万円弱の食費は増える一方だ。支給日前の夕食は、具がモヤシだけのお好み焼きやふりかけご飯でしのぐこともある。「ごめん、もうお金ないから」「いいよ」。素直に納得してくれる娘たちには感謝している。

 節約できるのは洋服代ぐらい。今年四月に中学校に入学した次女(12)には、体操服を一枚しか買ってやれなかった。「これでもう一枚買えます」

    ◆    ◆

 母子加算の復活に伴い、代替措置の「ひとり親世帯就労促進費」は廃止が決まった。所得に応じて月額最大一万円を支給し、就労による自立を支援する制度だ。九月に仕事が始まり、十一月分から受け取る予定だった佐藤さんは、「一万円がなくなるのは大きい」と残念そうに話した。

 一方で、参考書の購入などに使える「学習支援費」は継続される見込みに。三人分で約九千四百円と少ない額ではなく、「もしなくなったら、生活費に食い込んでいた」と胸をなで下ろした。

 当初「十月にも」としていた母子加算の復活時期は十二月までずれ込み、代替措置の扱いが継続と廃止に分かれた。要求額が過去最大に膨らんだ来年度予算の編成をにらんだ財務省と厚生労働省が“綱引き”した結果だ。「学習支援費は教育のためのお金で、母子加算とは趣旨が違う。まず、受ける側に何が必要かを考えてほしい」。当事者よりも予算ありきの議論に、違和感を隠さない。

    ◆    ◆

 母子加算では子ども一人に約二万円が支給されるが、二人目以降の上乗せ分は千円ほど。「子どもが三人いれば、お金も三人分かかるのに」。復活自体は喜ぶものの、仕組みには釈然としない部分も残る。

 「母子家庭のみ」という条件にも疑問がある。「大変なのは父子家庭も一緒では」。この機会に「ひとり親加算にした方がいい」と提案する。

    ◇    ◇

 「生活第一」を旗印に掲げ、動きだした鳩山政権。その一歩一歩が私たちの暮らしをどう変えていくのか。石川、富山両県の十一人にその「監視役」にななってもらい、身近で起きた変化や感じたことを随時、報告していく。

  生活保護母子加算の復活  生活保護を受給する母子世帯の食費などを補う目的で、一九四九(昭和二十四)年に開始。子ども一人の場合で月約二万円が、二〇〇四年度まで支給された。

 〇三年、社会保障費削減を打ち出した小泉政権の「骨太の方針」で廃止が決定。母子加算を含めた受給額が一般の母子世帯の消費水準を上回る「逆転現象」を理由に、〇八年度末までに段階的に打ち切られた。

 鳩山政権は二十三日の閣議で、十二月の復活を正式に決定。政権内外で、「予算削減に逆行する」「就労による自立を妨げる」などの反対論があったが、政権最初の具体的な「成果」として、マニフェスト実現を優先した形となった。

 対象は約十万世帯。本年度残り四カ月分の約六十億円は予備費から拠出される。一〇年度予算案の概算要求では、金額を明らかにしない「事項要求」に盛り込まれた。

 佐藤洋子さん(45) 約10年前に離婚し、両親とは死別。現在は金沢市内のアパートに住む。今年9月、派遣社員として旅行添乗員の仕事に就いた。(2009年10月25日)中日新聞

この記事を読めばわかるかと思います。

一生懸命働けば損をする世の中であると。

ちなみに、この家庭の家計費の内訳は

家賃:¥65,000
電気:¥10,000
ガス:¥7,000
水道:¥6,500
バス代:¥2,000
電話代:¥9,000(インターネット含む)
携帯代:¥25,000(3台)
食費:¥¥50,000
学用品等:¥30,000
その他:¥40,000

携帯代とか、突っ込みどころ満載じゃないですか?

家賃なんて、小生が働き始めて最初に住んだワンルームの賃料より高いですよ。

食費5万って・・・

ちなみに小生は、
半年間、パンの耳だけw
ちなみにパンの耳は当時、無料か100円でした。

ちょっとグレードアップした時は、
365日納豆と100円野菜と古米で過ごしたことがあります。

生活保護を受けていなかった小生より、豪勢な食事じゃないですか?
月5万ですよ!
おいらなんか半年で1万も行かないですけどw

24万円手取りでもらおうとすると、
30数万円貰わないと行けないわけですよ。
高給取りじゃんw

でも・・・
24万円だけではないことに、注目しなければなりません!!

この24万円に、
医療、出産、生業、冠婚葬祭に対しても扶助が行われ、
実質ただ!

超高給取りですよ!

無職なのにw

生活補助って、
最低限の生活レベルを保証するってことじゃぁないんですかね?

勤労意欲をなくし、キチガイを大量増産させる仕組みなんですかね?

NTTの固定電話にラジオで良いんじゃないですかね?

生きる権利を保障する制度であって、
平均的と言われる生活を保障する制度ではないと思うんですよ。

働いている人々の税金で養われているにもかかわらず、
働いている人よりも多くもらうって、常識的におかしいでしょう?

で、当然の権利であるかのようにいけしゃあしゃあと権利だけを主張。

当然、このようなキチガイに育てられた子は、
同じ道を辿る。
ゾンビのようにキチガイが沸いて出てくるってことですよ。

「剣山牛などのブランド牛肉が大好き!」
「沖縄へ旅行に行きたい!」

どの口開けば、こんなことが言えるのでしょうか?

みーんな、働くのをやめて、生活保護をもらうべきじゃないですかね?

関連記事

  1. 日記・コラム・つぶやき

    独 筋トレ効果上々

    日本各地の基地が物々しい感じになっているようですね。イギリスやフラ…

  2. 日記・コラム・つぶやき

    独 たかる体質・・・とても儒教の国とは思えない。

    すごいよね。きっとDNAに組み込まれてるんだよね。自分…

乳酸菌3兆150億個!19年の真実!

原料の原料から拘ったPremium Food

AdSense

Calendar

2017年8月
« 7月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
  • ボット
  • Yahoo!ボット
  • ボット



  1. 日記・コラム・つぶやき

    独 先輩諸氏に・・・
  2. ペット

    ぼ Jirouのちょいと前と今
  3. 日記・コラム・つぶやき

    独 突発性難聴1085日目
  4. 日記・コラム・つぶやき

    独 日記移行中13
  5. 日記・コラム・つぶやき

    独 ちょいとまともな?見解を。
PAGE TOP