マスコミ批評

独 新聞として終わった。

英高級洋食器「ウェッジウッド」が倒産。

国内では九十九電気がヤマダ電機に事業譲渡。
ご存知ですか?
ソフマップはビックカメラの傘下だってこと。

さて、

牧太郎の大きな声では言えないが…
マンガ脳と憲法
 孔子は「大人は正々堂々と、小人はこそこそする」と言った。
 例えば……首相が高級車でハローワークに乗り付け、パソコンの求人欄に見入る失業者の前で、ひじをついた。
 「今まで何していたんだ? これがやりたい、というのがないと相談される方もな……。何かありませんかね、と言うんじゃ、なかなか仕事は見つからない」とひとくさり。「目的意識がないと雇う方もその気にならない。何をやりたいかを決めないと就職は難しい」と何やら説教風である。
 冗談じゃない! 平成大不況、選びたいけど、選んでいたら住む家もなくなる。説教された方は「世間知らずに何が分かる!」と言いたげな表情である。ひじをつく動作に、首相の無礼、無知、無能、無愛(情)が見て取れる。
 漢字なんて読めなくてもよい。毎夜、ホテルで酒を飲んでもよい。堂々としていれば許される。でも……こそこそハローワークを視察するパフォーマンスだけはやめてくれ! 「人気取り」を隠そうとすると、つい高慢になる。これは、「年越し派遣村」を敵に回す「愚かなマンガ脳」がなせる業だ。
 うかつにも、日本人はいつも御曹司を選んだ。「他人の釜の飯を食ったことのない連中」を当選させた。その結果、政治に活力がうせ、(失礼だが)「小人マンガ脳」の世襲首相が次々に生まれた。そして日本は劣化した。福田、麻生内閣の閣僚は半分以上が世襲議員。民主党のトップも同じだ。
 能力、人格、識見……いずれを取っても指導者にふさわしい人物が、地盤、看板、カバン(資金力)を持つ世襲候補に敗れ、政治への道を閉ざされた。日本の悲劇である。
 憲法第44条に「両議院の議員及びその選挙人の資格は、法律でこれを定める。但(ただ)し、人種、信条、性別、社会的身分、門地、教育、財産又は収入によつて差別してはならない」とある。特定の家柄・階層に政治を独占させない規定である。
 ところが、この条文までが世襲議員を守る根拠になっている。「世襲議員規制法案」が検討されると、御曹司が「憲法違反だ!」。第44条の「門地による差別」に当たると主張するのだ。
 自由・平等が逆に「特定の家柄の独占」を許す皮肉? ローマ帝国の昔から世襲は国を滅ぼすのだが……「小人マンガ脳の支配」が永遠に続くとすれば、民主主義は間違いなく形骸(けいがい)化する。(遅れましたが、読者の皆さん、今年もよろしく!)(専門編集委員)(2009年1月6日)
毎日新聞

さすが売国奴新聞。
クオリティが違う!

お前が言うな!
ですよ。

まとめWiki

曲がりなりにも新聞です。
政治家を非難する際に、政策ではなく、人格に対して非難をするとはいかがなものでしょう?
首相の態度に対して非難するのであれば、他に書きようがあったはずです。ここまで罵倒するって、常軌を逸しています。

文中に書かれている、「小人」。
気をつけて使いましょうねって単語ですよ、この文章内での書き方は明らかに侮蔑として使用していますから、間違いなく差別用語と断言できるでしょう。

毎日新聞は、毎日新聞がおこなった売国行為に対してちっとも、反省していないと言うことがよくわかる文章です。

なんと低俗な新聞なのでしょう。

関連記事

  1. 日記・コラム・つぶやき

    独 濠太剌利

    これは・・・オーストラリア政府が釣られたって事では?日…

  2. 日記・コラム・つぶやき

    独 東京

    先日、大学から電話がありました。「就職支援センターです。もとみちさ…

  3. ペット

    ぼ 日々是雑感

    先日投稿した記事は、色々思うことがあり削除しました。初めて記事を消…

  4. 日記・コラム・つぶやき

    独 アニソン

    新しいテレビがくることになり、現在リビングで使用しているテレビを寝…

  5. 日記・コラム・つぶやき

    独 宣戦布告?

    小生には色んな知人が居ますが、友人と呼べる人物は少ない。小生の激し…

乳酸菌3兆150億個!19年の真実!

原料の原料から拘ったPremium Food

AdSense

Calendar

2017年8月
« 7月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
  • ボット
  • Yahoo!ボット
  • ボット



  1. 日記・コラム・つぶやき

    独 なんで・・・訴えるん?
  2. トレイルランニング・登山

    ト お気軽ハイクの勧め
  3. 日記・コラム・つぶやき

    独 バックパッカーの死
  4. 日記・コラム・つぶやき

    独 2006年W杯アジア最終予選
  5. 日記・コラム・つぶやき

    独 本日は・・・
PAGE TOP