日記・コラム・つぶやき

独 女子フィギア不正

あの・・・
テレビを見ていたら、コラーゲン鍋でお肌ピチピチ♪と、
頭の悪そうなお姉ちゃんが喋っていたが・・・
コラーゲンも、ヒアルロン酸も、
経口摂取による有用性は証明されていない。
ただ・・・
思い込みによる、効能は証明されている。
ってことは・・・
無知ほど幸せなことはないのかもしれないw

バンキシャがフィギュアの採点を盗撮?韓国で「非常識」と非難殺到
 ハイレベルな戦いで多くの感動をもたらした女子フィギュアスケートだが、その採点結果をめぐり、オリンピックが終わった現在も論争が相次いでいる。日本では、キム・ヨナ選手の歴代最高得点は異常であるとし、審判買収説が流れており、また韓国ではフリーのジャンプでミスがあった浅田真央選手の点数が高すぎるとするなど、ネットユーザーを中心に余波が続いている。
  そんななか、28日に放送された日本テレビの「真相報道―バンキシャ」の「女子フィギュア目撃!審判席の採点とは!?」という番組内容がYou Tubeに掲載され、その内容をめぐり、韓国では「非常識である」と非難の嵐になっている。
  バンキシャでは、観客席で撮影したとみられる競技中の審判席の採点過程の映像を元に、ジャンプの完成度を評価する加算点に注目し、浅田真央選手とキム・ヨナ選手の二人の得点差を分析している。また、「難易度の高いジャンプに対して審判は評価点を与えるべき」と語る男子銀メダリストプルシェンコ選手のインタビューの内容も合わせて報道している。
  番組では、どの審判がどのような加算点を与えるのか詳細に映し出しており、これに対して、韓国では非公開に行われている審判の採点過程を盗撮し、番組で放送した日本テレビを強く批判している。さらに、審判の後ろ姿しか映っていないが、関係者なら十分見分けられるとした上で、それ以上に悪意的な歪曲編集がなされているとし、厳しく追及。
  現段階のフィギュア採点システムでは、難易度の異なるジャンプは基礎点が異なり、評価点は難易度とは関係なく、ジャンプのでき栄えを評価するものである。これに関連して韓国では、キム・ヨナ選手の得点に疑惑の目を向け、高難度のトリプルアクセルだけが最高であるとする日本の認識自体が間違っていると指摘する。
  一方、韓国のスケート連盟はバンキシャによる審判席の無断撮影は前代未聞のことで、オリンピックの精神に反する重大な事案であるとし、再発防止を含め国際スケート連盟に対応を求める意向を示している。(2010年3月2日)サーチナ

と、言っていますが・・・

韓国SBSが五輪リハ盗撮、中国人憤激「無知・無恥!」
  31日付中国新聞社電などによると、韓国のテレビ局SBSが30日、北京五輪大会の開会式リハーサルの「特ダネ」映像を放送したことで、同五輪組織委員会は怒りや失望の意を表明。中国のインターネットの掲示板では、怒りの書き込みが相次いでいる。
  SBSは29日に行なわれたリハーサルとして、マスゲームなどの様子を放送した。30日の開会式リハーサルは携帯電話などを含めた撮影機の持ち込み厳禁などの条件で一般観客を受け入れたが、29日のリハーサル完全非公開だった。北京五輪組織委の王恵報道官は盗撮映像と確信しているとして、「SBSに特別措置を講じることもありえる」と述べた。
  また、同じく同組織委の孫偉徳報道官は、「放送された映像を見て、がっかりした。しかし、開会式の全貌はあの程度では分からない。8月8日の盛大な開会式を皆で見よう」と述べた。
  新華社の公式サイト「新華網」は、トップページに「無知か無恥か?」と題するSBS非難の文章へのリンクを目立ちやすい形で設けた。
  同文章は、五輪開会式の様子を秘密にする大きな目的は、当日になり世界中の人々がともに驚きと喜びを味わうためで、過去何回もの五輪大会を通じて恒例になっていると論じ、「世界の大手メディアの中でSBSだけが(盗撮と放送を)行なった。彼らは無知なのか、無恥なのか」と非難した。
  同文章は、「韓国人の一部」としながらも、「彼らの魂の中の、醜い一面が浮き彫りになった」と評した。
  大手ポータル・サイトの新浪網は、リハーサル映像漏洩(ろうえい)に関して掲示板を設けた。「北京五輪の放映権を取り消せ」、「取材のための入国をさせるな」などの意見の他に、「泥棒の大量生産国」としたり、民族そのものをののしる言葉を用いた感情的な非難も多い。
  一方では、「我々がしっかりとした仕事をしていないからだ。内部に協力者がいた場合、厳重に処罰せよ。韓国をうらんでもしかたない。記者はそれで“飯を食っている”からだ」として、自らの反省と引き締めを求める声もある。
  写真は30日夜に、開会式が行なわれる国家体育場の外で撮影された選手を場内に誘導する部分のリハーサル。中国新聞社が配信。場内での撮影は厳禁だったが、場外での撮影は可能で、開会式の様子の一端が明らかになった。(2008年7月31日)サーチナ

そして

IOC激怒、韓国中央日報が女子選手着替え写真を報道
 14日付環球在線によると、韓国中央日報が、女子選手の着替え写真を報道したことで、国際オリンピック委員会(IOC)が激怒した。
 写真は競技場内で女子選手が腰にタオルを巻いて着替える様子を撮影したもの。水着をおろして足首からはずし、下着を身につけるまでの4枚組だ。選手は下を向いており顔は写っていないが、スペインの選手とみられるという。
 中国現地ウェブメディアの環球在線によると、IOCはこの報道に激怒し、法的責任を追及する権利があるとの考えを示した。IOCが怒りを示したことから、中国メディアは同問題を「世界が震えて怒った」と報じた。
 問題の写真は15日午後3時現在、中央日報の日本語版ウェブサイトにも掲載されている。。(2008年8月15日)サーチナ

ブーメラン♪ぷっ♪

って言いたいところですが、
この国の人達って「恥」という人が生きていくうえで必要なものを持ち合わせていない民族ですからね、そのまんま、激昂して他国の国旗を平気で燃やす民族ですから、どうしようもありませんw

問題のバンキシャの映像は

で、検証された静止画は

バンキシャ

検証静止画

何れも、ネットより拾い画

成功しているのに、なぜか-2の減点。

だから朝賤人たる所以。

あと・・・キム・ヨナが五輪憲章違反じゃね?
って言われています。

五輪憲章によると、
51条 広告、デモンストレーション、宣伝
2. オリンピック開催場所の一部であるとみなされるスタジアム、会場、その他の競技エリアの、中と上空ではいかなる形の広告、または他の宣伝も許されない。
 スタジアム、会場、他の競技グラウンド内では、商業目的の設備や看板広告は許可されない。
規則51付属細則
1.いかなる形の広告や宣伝活動、コマーシャル等も、人、スポーツウエア、付属品(より一般的には、選手もしくはその他のオリンピック競技大会の参加者が着用する衣服、使用する道具)に表示してはならない。
※この規定に違反した場合には、かかる関係者の失格または資格認定の取り消し処分になることがある。本件に関するIOC理事会の決定を最終とする。

ってなっており、

キム・ヨナは自身が広告塔となっているジュエリーブランド
「J・ESTINA(ジェイ・エスティーナ)」 のピアスを付けて会見に出た模様w

ルールなんてないのが、韓国クオリティ♪

関連記事

  1. 日記・コラム・つぶやき

    独 ちょいと帰省

    所用で先々々週、福岡に・・・あまりにもの放蕩ぶりで、父の逆鱗に触れ…

  2. 日記・コラム・つぶやき

    独 狂ってるよ民主党

    先日、メバリングに言ってきました。一応釣れましたが・・・大…

  3. 日記・コラム・つぶやき

    独 休日の過ごし方

    2009年にNHKが多様化する手帳って名感じの番組を放送した際、青…

乳酸菌3兆150億個!19年の真実!

原料の原料から拘ったPremium Food

AdSense

Calendar

2017年8月
« 7月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
  • ボット
  • Yahoo!ボット
  • ボット



  1. 日記・コラム・つぶやき

    独 やはり載りましたw
  2. 日記・コラム・つぶやき

    独 北朝鮮拉致 国連総会委が非難決議
  3. 釣り

    独 ライジャケの勧め。_追記
  4. 動物ニュース

    独 斜に見て物を語るな!
  5. 禁煙

    独 禁煙二日目
PAGE TOP