ペット

ぼ 塩土

小生宅の鳥は全て「ペレット」を与えております。これは総合的に考えた結果「ペレット」の方が「シード+α」よりも栄養のバランスが取れているので「ペレット」を与えているのですが・・・


黄金メキシコインコに関しては「ペレット」をそのまま与えているのですが、青黄鳥に関してはコーヒーミル(鳥用にしている)で「ペレット」を砕いてから与えている(カナリア用やフィンチ用だと食べにくいらしく、何度か死の淵を・・・)せいかクチバシが伸びてくるために、たびたび切っておりましたが、何か良い方法がないか考えた結果、えさ箱に「塩土」を入れてみたところ、嘴が整うようになりました。黄金メキシコインコにも入れてみましたが・・・こちらはいまいち気に入らないようですが・・・^^;ついでに余った塩土を「リクガメ」にも入れてみたところ、かじるかじる!こちらもクチバシ?が整うようになりました。5年前から入れとけば良かったとかなり後悔^^;ちなみに、「シード」は小生の気が向いた時のみしか与えておりません^^;と書くと、「適当な飼い方している」とおっしゃる方が必ず出てくるのですが、気をつけるべき所に気を付け、手を抜くべきところで手を抜く、この考え方が一番生き物を飼う上で楽ですし、長く飼う秘訣だと思っております。そしてなによりも、一番生き物が長生きする方法だと信じております。例えば、インコを飼っているほとんどの方が、冬場は「ひよこ電球」等で保温されているかと思うのですが、小生の場合は最初の冬のみ、5年近く青黄鳥とインコを飼っておりますが、一度も体調を崩したりしたことはありませんし、逆に体力がついて、少々のことではびくともしなくなります。小生の持論は「ほ乳類」と「鳥類」に関しては「環境に必ず適応する」であり、さらに小さい頃から様々な生き物を飼っていると、ある程度「勘」と「経験」で、これくらいは「安全」、これくらいは「危険」というものが察知できるようになります。語弊があるので付け足しますが、生き物を注意深く愛情をもって、絶えず観察していないと無理です。あしからず・・・^^;

関連記事

  1. ペット

    ぼ 歳をとりました

    いつも同じ電車でいつも同じ車両でいつも単行本を読んでいる年配の女性がい…

乳酸菌3兆150億個!19年の真実!

原料の原料から拘ったPremium Food

AdSense

Calendar

2018年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
  • ボット
  • Yahoo!ボット
  • ボット



  1. 日記・コラム・つぶやき

    独 世界の終焉
  2. 日記・コラム・つぶやき

    独 何でも訴訟
  3. 釣り

    独 ひとりぼっち
  4. 日記・コラム・つぶやき

    独 性交渉そして採取それから裁判
  5. 禁煙

    独 禁煙24日目
PAGE TOP