日記・コラム・つぶやき

独 秒読みに入ったわけですが。

本日、入学式だったようですw
入学式・・・思い出します・・・。
学生席と書いているのに、親が子供と座っているんですよw
キショイヨ・・・Σ ゚д゚≡(   ノ)ノ エッ?
あっ・・・日本語読めないんだw
親族って書いた席は空いているんですよw
小生・・・つまんね・・・と思って帰りましたw
同級生先輩・・・恥ずかしいからって、親族の席に座られたそうでw

今年も親と一緒って多いですね・・・
両親となんてのもざら・・・
娘さんってのならわかる気もしますが・・・
親離れ子離れできないんでしょうね・・・
精神的近親相姦ってやつでしょうか?

「衛星」迎撃なら報復 北朝鮮軍部が日米韓に“警告” 
北朝鮮の朝鮮人民軍総参謀部は2日、「衛星」打ち上げを長距離弾道ミサイル発射として警戒態勢を強める日米韓の動きに対し「高度の戦闘準備態勢にある」とした上で、「衛星」を迎撃すれば「報復の打撃を加える」などと日米韓に警告した。朝鮮中央通信が伝えた。

 「重大報道」形式で発表された警告は、特に日本に対し「われわれの平和的な衛星に対し迎撃行為を敢行するなら、容赦なく(日本の)迎撃手段だけでなく、重要な対象にも報復を加える」と表明した。米国にも、「(報復の)被害を避けようとするなら、展開している武力を即座に撤収させるべきだ」と述べた。 (2009年4月2日)サンスポ

金正日総書記の長男・金正男氏でさえ、

金正日総書記の長男・金正男氏、金総書記の激やせの理由について「激務のせい」
北朝鮮の金正日総書記の長男・金正男氏が、ミサイル発射に関して、なぜこのタイミングで打ち上げを強行するのか、その理由を初めて語った。
金正日総書記の長男・金正男氏は30日午後、中国・北京国際空港で搭乗手続きをしていた。
金正男氏は「(フジテレビです、お会いできてうれしいです)そうですか、わたしもお会いできてうれしいです」と話した。
金正男氏は「(北朝鮮が打ち上げようとしている“衛星”についてどう思う?)わたしは何も情報がないのです。われわれ(北朝鮮)は、4日から8日の間に衛星の打ち上げを行うと言っていますが、それ以上は知りません」、「(最近お父さんの写真が公開されて、明らかにやせました。おなかが引っ込みましたよね?)皆知っているように、年をとれば体重は減ります。太るよりは、やせる方がいいでしょう」と話し、笑顔を浮かべた。
しかし、「これは脳卒中のせいですか?」との問いには、「この質問には答えられません、あいにく…。とても難しい問題です」と話すにとどまった。
2009年1月の取材から2カ月、またもやFNNがスクープ直撃に成功した。
関西大学経済学部の李英和教授は「驚いたタイミングです」と話した。
北朝鮮は、早ければ4日後にもミサイルを発射すると通告している。
日本が迎撃への動きを進める中、金正男氏からは意外な答えが聞かれた。
金正男氏は「(日本政府の対応は大げさですか?)日本政府の行動は、自衛のため当然だと思います」と話した。
北朝鮮は3月9日、「ミサイルを迎撃することは、戦争を意味する」と警告を発した。
それにもかかわらず、金正男氏は「日本政府の行動は当然」と語った。
そして、北京をたってマカオに到着した金正男氏は「(北朝鮮はなぜ今、ミサイルを打ち上げようとしているのか?)それはわかりません。6カ国協議と、アメリカとの(直接)対話と深く関係があると思いますよ。今がそのタイミングだと思います」と話した。
北朝鮮は3月20日、金総書記の激やせ写真公開、ふっくらしていた以前とは別人のようだった。
その8日後には、朝鮮労働党の機関紙「労働新聞」に、「わたしがまた現地指導に行くというと、同志たちはわたしの健康問題を心配するが、祖国と人民のため険しい道を歩くことは、わたしにとって楽しみになる」と、金総書記自身のものとされる談話が掲載された。
金正男氏は「たぶん父は疲れているのです。激務のせいで」と、対外的に初めて、その理由を説明した。
金正男氏は、ミサイル発射が予告されている期間は、北朝鮮には戻らないと語った。
コリア・レポートの辺真一氏は「本当に彼(金正男氏)が金総書記の後継者として、今もリストアップされているならば、一番重要な時期ですし、肝心要な後継者と目されている人物が、その瞬間ピョンヤンにいないというのは、それはもう後継者ではないと」と話した。
一方、関西大学の李教授は「3月16日にね、労働党の中央本部で、正式に中央の幹部たちに対して、文書で『後継者が決定した』ということが下達された。金正男氏に内定した可能性が高いというふうに見ていますね」と話した。 (2009年3月31日)FNN

と発言しているように、日本くらいですよ、こんなに舐められているのは。
同じ事を中国やロシアそしてアメリカにした場合、
即ドンパチですわ。

迎撃について反対しているグループがありますが・・・
よーく、彼らの行動や背景を見れば、一目瞭然w

語弊はありますが・・・日本は打撃を受けるかもしれません。
しかし・・・日本人の目を覚ますには良いきっかけなのかもしれません・・・

さらに突っ込んで考えると・・・
日本だけの問題ではないんですわ。
彼らの打ち上げは実験であり、第三国へのアピールです。
彼らは武器を売って、外貨を稼ぎたいわけです・・・

成功すれば・・・当然、核拡散ってことになりかねません。
そうなれば、大惨事世界大戦がいつ勃発してもおかしくない状況に世界は置かれます。

北朝鮮が日本に向けてミサイルを撃つ
だけではないことに気づいて下さい。

関連記事

  1. 日記・コラム・つぶやき

    独 日々是雑感

    咳が止まりません・・・w近所のちょっと勉強不足?の方のおかげで・・…

  2. 日記・コラム・つぶやき

    独 ただより怖いモノはない

    陸上と言えば・・・小生も陸上部でしたが^^;小山ゆう氏が書く「スプ…

  3. 日記・コラム・つぶやき

    独 聞いて聞いて

    最近の小生がはまっている曲を・・・同級生後輩君がトレッキー(ス…

  4. 日記・コラム・つぶやき

    独 なんでも大人の都合

    一昨日、小学校から中学校まで同じだった友人達(小生あわせて4人)と呑み…

乳酸菌3兆150億個!19年の真実!

原料の原料から拘ったPremium Food

AdSense

Calendar

2018年12月
« 10月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
  • ボット
  • Yahoo!ボット
  • ボット



  1. 介護職(ヘルパー)

    介 とあるお婆さんの死
  2. ペット

    ぼ 日々是雑感
  3. 釣り

    独 今季初!
  4. 釣り

    独 ぼうず
  5. 日記・コラム・つぶやき

    独 長州やら会津やら
PAGE TOP