日記・コラム・つぶやき

独 ゆとり教育_追記

先日、またもや河口で2時間竿を振り続けましたw
そこで小生に話し掛けるなんとも奇特な方が・・・
お友達になりました、今度釣れる所に連れて行って貰う約束を取り付けましたw

毎日新聞・・・
Mainichi Daily News のMETA TAG・・・
なんと!「japanese girls,geisha,samurai,ninja,hentai」・・・
確信犯ですな。

日本の領土問題ですが、国際法廷で決着を付けるべきではないでしょうか?

岐阜市立女子短大生6人、フィレンツェの大聖堂壁に落書き
 岐阜市の市立女子短大(松田之利学長)は24日、学生6人が今年2月に海外研修旅行でイタリア・フィレンツェ市を訪れた際、13世紀から15世紀にかけて建設された「サンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂」の壁に落書きしたと発表した。
 同短大はイタリア大使館と大聖堂に謝罪し、学生6人と引率教員2人を学長厳重注意処分にした。
 発表によると、6人はいずれも現在2年生。大聖堂の大理石の壁に縦約30センチ、横約20センチにわたって、日付や自分の名前、短大名などを油性マジックで落書きした。 同3月、日本人旅行者が発見、同短大に連絡して発覚した。6人は「気分が高揚して書いてしまった」などと話しているという。
 同短大は修復費用の負担を申し出たが、大聖堂側から「謝罪してもらえば責任は問わない。費用負担は不要」と連絡があったという。
 大聖堂のあるフィレンツェ市中心部は世界遺産(文化遺産)に登録され、景観や環境の保全が義務付けられている。(2008年6月24日) 読売新聞

こいつら、国賊でっせ!

小生は少なくとも、アジア各地で日本人としての矜恃は守ったし、日本人が襲われることが少なくなるように、小生を襲った人間に対して全て「日本人は小学生の頃から武道を習っている!」と言い聞かせてきた。

こういう事件を起こした者に対して、マスコミは親まで報道すべき。
どのような教育をすれば、こんな気狂いが生まれるか画におさめるべき。

文化財でっせ。
このような気狂いにパスポートなんか一生発行するな!
ほんまねぇ、信じられませんわ。

ちなみに・・・
岐阜市立女子短期大学の偏差値は47・・・
偏差値云々は関係ないと思いますが、脳味噌と行動は比例しているのではないでしょうか?

この子らは、気分が高揚したって・・・馬鹿でしょうw

きっと、気分が高揚している時にトイレへ行きたくなったら、どこでも放尿とかするんでしょうな(爆)

さらに、京都産業大学も判明しました。
ちなみに偏差値は47-58・・・

えーちなみに。。。
常○大学高等学校の野球部監督も夫妻で落書きしていることが判明しています。
ネットで検索してみて下さい。
やっぱり、脳味噌筋肉にまともな奴はいません。

夫婦で落書きですからね、まさに馬鹿ップル。
このような非常識な夫婦が子供を産んで教育するわけですから、同じような非常識な子が育つわけですよ、ってことは、この非常識な夫妻の両親も非常識って事です。一族郎党非常識・・・

人の命は重い、しかしそれは普通に人として生きているからであって、このような人非人に対してではありません。国としてもそれなりの処罰を課して欲しいですね。

これが「ゆとり教育」によって育った者達の行動です。

まとめサイトは ここ

関連記事

  1. 日記・コラム・つぶやき

    独 裁判所はおかしいのか?_追記あり

    えっと。。。買収されたのでしょうか?小生宅も欠陥住宅で裁判…

  2. 日記・コラム・つぶやき

    独 日記移行中22

    昨日ダイエーが勝ちましたねぇ~。 (さらに…)…

  3. ペット

    ぼ 毎年恒例

    弁護士から命令がw大昔に書いた過去記事(新聞記事内容)が示談終わっ…

  4. 日記・コラム・つぶやき

    独 ipad pro 10.5

    女性の多くがムキムキマンに興味を抱くどころか、「嫌!」って思ってい…

乳酸菌3兆150億個!19年の真実!

原料の原料から拘ったPremium Food

AdSense

Calendar

2018年12月
« 10月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
  • ボット
  • Yahoo!ボット
  • ボット



  1. 日記・コラム・つぶやき

    独 書籍の紹介
  2. パソコン・インターネット

    独 デスクトップのカスタマイズ
  3. 日記・コラム・つぶやき

    独 極秘情報!?
  4. ウェブログ・ココログ関連

    独 富士通に電話した。
  5. ペット

    ぼ イタグレにとって寒い季節とは・・・
PAGE TOP