日記・コラム・つぶやき

独 なんかおかしくないですか?

一発目の投稿、何を書こうかと悩んだのですが・・・
小生らしく「国旗・国家の強制は違憲」という出たばかりの判決に関して、書こうと思います。
いつも述べていることではありますが、
右による発言は多いですが、右派でも左派でもなく、中庸でいたいと思っております。


国旗国歌強制は違法 東京都立高校などの教職員が都と都教育委員会を相手に、入学式や卒業式で国旗に向かって起立し、国歌を斉唱する義務がないことの確認などを求めた訴訟の判決で、東京地裁は21日、国旗国歌の強制は許されないとして請求を認め、斉唱しないことなどを理由とした処分を禁じた。 難波孝一裁判長は国旗国歌法の制度趣旨などから「教職員の意に反し、懲戒処分してまで起立、斉唱させることは憲法が定める思想良心の自由を侵害する行き過ぎた措置だ。斉唱などを強制する都教育長通達や各校長による教職員への職務命令も違法」と判断した。 職務命令による精神的苦痛の損害賠償として、原告全員に対する1人当たり3万円の支払いを都に命じ、原告のうち音楽科教諭には、国歌のピアノ伴奏義務がないことも確認した。 国旗国歌法の制定後、国歌斉唱などの強制を違法と認定した司法判断は初めてとみられる。原告と弁護団は「極めて画期的な判決。教育基本法改悪にも歯止めをかける」との声明を発表した。 原告は都立高校と盲・ろう・養護学校の現・元教職員計401人。 判決によると、都教育長は2003年10月「国旗への起立や国歌斉唱の実施に当たり、各校長の職務命令に従わない場合は服務上の責任を問われる」との通達を出し、各校長は通達に基づく職務命令で、教職員に国旗への起立や国歌斉唱を強制した。原告は04年1月以降、順次提訴した。 難波裁判長はまず「日の丸、君が代は第2次大戦終了まで皇国思想や軍国主義思想の精神的支柱で、現在も宗教的、政治的にその価値が中立的なものと認められるまでには至っていない。信仰に準じた世界観、主義、主張から国旗掲揚や国歌斉唱に反対する人は少なからずいる」と指摘。 また「国旗国歌は強制するのではなく、自然のうちに国民に定着させるというのが国旗国歌法の趣旨であり、学習指導要領の理念」との解釈を示し、国旗国歌を強制する通達や職務命令は「教育基本法が禁じた教育への不当な支配に該当する」と認定した。 その上で「式での国歌斉唱などを積極的に妨害したり、生徒に国旗国歌の拒否をあおったりしない限り、教職員には国歌斉唱などを拒む自由がある」と結論付けた。 原告のうち既に退職した32人については、損害賠償だけ認めた。神戸新聞社(2006年9月21日)
国旗・国家という枠から外れて、基本的な教育という見地から考えた場合、
原告が行ったことは、集団生活を営んでいるにも関わらずルールを守らず、自分の考えと違う場合は「指示に従う必要がない」。という事になります。それも公共の場で。これは人権云々ではなく、我が儘そのもの。原告の言い分が通るのであれば、成人式で大暴れしたガキンチョらは逮捕され損。きっとかれらは「一生に一度の晴れ舞台、おとなしく座って聞くなんて無理、ましてや祝辞なんてなんか意味あんの?俺はとにかく騒ぎたい!騒がせないのは俺の人権を侵害しているぜ!」と思ったに違いない(爆)日本はだだっ子のようなワガママを法律で認めるの?

教師という職業で考えた場合、
教師になる前から、国旗に掲揚があり、国歌に斉唱があることはわかっていたはず。それを承知で教師になったのではないのか?地教育者とは自身をもって生徒を教育しなければならないはずであり、自分の思想を押しつけるなど、ナンセンスである。地方公務員とはいえ、国の代表と何ら代わりはない。国を代表として、そして大人の代表として、偏った思想を子供に教えるなんてあるまじき行為である。

次に子供に対しての教育を考えた場合、
「教師という職業で考えた場合」と重複はするが、偏った思想は生徒に強制すべきではなく、国旗国歌法を強制せずの精神は生徒にだけに適用されるべきある。実際、国旗国歌法が成立した際、児童生徒に国歌斉唱を強制してはならないとされたが、教師には国旗・国歌の指導義務があることも確認され、指導要領でも教師の指導義務をうたっている。

ワガママ言いたい放題の傍若無人、社会に出たこともない癖に、偏った思想で生き、法を平気で犯すような教師に自分の子供を預けたくない。

日本の司法制度も地に落ちたとしか言いようがない。
裁判長は「日の丸、君が代は、第二次大戦が終わるまで、軍国主義思想の精神的支柱だった」と述べており、それに反対する権利は公共の福祉に反しない限り保護されるべきだと言っているが、基地ガイドもが騒ぎ立てている理由と同じ事を言っている。このような裁判官に、裁きを任せて良いのだろうか?

最近の裁判官は腐っている!
小生宅が欠陥住宅の裁判で争っていたとき、裁判官は住宅金融公庫違反、強度不足等々の客観的データを見たにも関わらず「住むことはできるんですよね」と訳のわからんことをのたまい敗訴。

法の番人がこれだから、教師の質もこんな程度か・・・

関連記事

  1. 日記・コラム・つぶやき

    独 誕生日は沖縄

    Terraが生に対して必死な姿を見て、小生も諸事情が有り、最近は3…

乳酸菌3兆150億個!19年の真実!

原料の原料から拘ったPremium Food

AdSense

Calendar

2017年11月
« 10月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  
  • ボット
  • Yahoo!ボット
  • ボット



  1. 日記・コラム・つぶやき

    独 スカイ・クロラ
  2. 日記・コラム・つぶやき

    独 小生の永遠の愛車ズドーン
  3. 日記・コラム・つぶやき

    独 相容れない人種
  4. 日記・コラム・つぶやき

    独 またもやキチガイ登場か!?
  5. 日記・コラム・つぶやき

    独 日本の首相は中国の小間使い
PAGE TOP